OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回も沢山のお客様にお越し頂いて無事修了。
新しいお客様にも多数お越し頂いて本当に嬉しい限りです。

Mary Lou Williams、
あまり知られていない、とはいいますが、確かに資料が少ない。
一般には、長く活動し、エリントンに曲を提供し、
ビバップのミュージシャンと交流した、という程度の事が知られてるようです。

しかしながら、メアリーの音楽人生は、
長く広いだけでない、そのいずれの場面でも深いのですから、
今回のS.O.Jは大仕事でした。

早熟の天才でいつも慣れ切った事からはみ出し、
常に体の中で次の芽が育っているメアリー。
スイング華やかなりしころには、
メアリーの中ですでにビバップが目覚めていました。

故にガレスピーやモンクからの尊敬を集めたのでしょう。
メアリーはクラシックと同じ尊敬を、ジャズに与えようと奔走しました。
初めて本格的な交響楽のフォーマットで演奏されるジャズを創造しました。
結果は予算不足に阻まれ不十分なものでしたが、

その苦い経験は、後の混声による重厚で荘厳な本格的ジャズのミサ曲、
「アンデスの黒いキリスト」(世界初のスピリチュアル・ジャズ)に生かされているように思えます。

ある時期、悪しきものが蔓延るナイトライフに嫌気がさし、
身を引いて信心すると、尼僧のように祈り続けましたが、
神父から復帰を強く勧められ、表舞台に復帰。

ジャズのルーツを強く意識して、
その思想を普及するように再始動しました。
上記の「アンデスの黒いキリスト」を含め、

この頃の演奏には良い録音が残されています。
どれも常に新しくあろうとするメアリーの魂が隅々まで満ちていて、
いま聞いても生々しく新鮮です。

フルートソロでの演奏は、
スイングからバップ、スピリチュアル・ジャズまで、
駆け足で紹介しました。

それぞれの曲のコントラストに、
時代の流れと、確固たるメアリーの魂の存在を感じるライブになりました。

〜 お客様の声 〜

毎回楽しみにしています。ジャズの奥深さは歴史、人、時代、家族との関係性、様々な要素が興味がつきません。…記名なし

とても面白かったです。
正直Mary Lou Williamsの事は知りませんでした。曲としては聴きおぼえのあるメロディーもありましたが、ちゃんと聞いてみたくなりました。…T.Sさま

音楽がとても素敵でした。イメージと音楽が違い深く楽しめました。ヤギ座のゾディアークスイートを聞いてみたいと思います。…T.Oさま

全体の土着的なメロディーを感じました。ブルースに根ざしたものなのでしょうか。一曲目の秘密兵器を使ったスライドするフルートがすごく良い味を出していました。…K.Tさま

Jazzはもちろん音楽に疎いのですが、友人や夫にさそわれてきました。蔵の中で聞くフルートは一本なのにすごくボリュームもあり、変化もあり、動きもあり、1種類の楽器一本だけとは感じませんでした。びっくりするとともに心地よかったです。歌いながら演奏したり、朗読付き、解説つきで面白くて、あっという間に時間が流れました。…記名無し